MENU

ディーバイクミニのデメリットは3つ!リニューアルで改善したポイントとは?

ディーバイクに乗る子ども

子どもの誕生日にディーバイクをプレゼントしたいんだけど、結構高いし、長く遊んでくれるか不安…デメリットはないか気になる!

この記事ではディーバイクミニの購入を検討している方のために、ディーバイクミニのメリット・デメリットをご紹介します。

実際に1歳~3歳までうちの子が遊んだ様子も合わせてお伝えしますので、購入後のイメージもしやすいと思います。ぜひ参考にしてください。

進化したディーバイクミニワイドは従来品のデメリットをいくつか克服していますので、その内容についてもご紹介しますね。

目次

ディーバイクミニのデメリット

乗れる期間が短め

ディーバイクミニプラスは乗れる期間が1歳~3歳と短いです。

耐荷重が20㎏までなので、3歳までしか乗れないんですよね。(うちの子は3歳過ぎても乗っていますが…)

ただ、乗れる期間が短いといっても、家の中でいつでも気軽に乗れるとあって、娘はほぼ毎日乗って遊んでいます。

乗っている時間を合計すると相当な時間になるはず。なので、決してコスパは悪くないと思います。

毎日、楽しい遊びの時間が増えたのでディーバイクミニを買って良かったと感じています。

さらに、新しく出たディーバイクワイドは10ヶ月~3歳まで、少し長く使えるようになりました。

ディーバイクミニプラスよりサドルがワイドになったので、10ヶ月の子でも安定して座ったり、つかまり立ちできるということです。 

ディーバイクワイドの特徴について詳しく知りたい方はこちらの動画をご覧ください。(1分ほどの短い動画でディーバイクワイドの特徴がサクッとわかります)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

このブログでは一児の母である私が、

・おすすめの知育玩具や育児グッズ
・知って良かった育児情報
・共働きで育児を頑張る人におすすめのサービス

などについてご紹介していきます!

皆さんに役立つ情報を常に探して紹介していきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

コメント

コメントする

目次