MENU

【リバウンドなし】子ども部屋が片付く収納アイディア

散らかった子ども部屋

おもちゃなどが散乱し、すぐごちゃごちゃになってしまう子ども部屋。毎日、頭を抱えている方も多いのではないでしょうか。そんな方のために、片づけやすい部屋・散らからない部屋にする収納アイディアをご紹介します。子どもに片づけの習慣を身に着けてほしいとお考えの方におすすめの提案もあります。ぜひ参考にしてください。

目次

子ども部屋を片付けやすくする収納アイディア

1カテゴリー1収納にする

おもちゃはなるべく1カテゴリー1収納にしましょう。

1つの収納の中に様々なカテゴリーのおもちゃを入れてしまうと、遊びたいおもちゃをスムーズに探せません。

結果、収納ケースをひっくり返して中のおもちゃを全部出して探すことになって、あっという間におもちゃが散乱してしまいます。

そんな悲劇を防ぐために、1つ1つのおもちゃのカテゴリー専用の収納ケースを用意するのがおすすめです。

こまごまとしたおもちゃは缶などに入れると良いでしょう。

収納ケースや缶にはラベリングをして、どこにどのおもちゃを入れるかすぐわかるようにすることが大切です。

ラベリングは文字だけでなく、収納するおもちゃのイラストや写真などを貼っておくと良いでしょう。そうすれば、小さな子どもでも一目で「ここはこのおもちゃのおうちなんだな」と理解して片づけてくれるようになりますよ。

「〇〇ちゃん、このおもちゃのおうちはどこか、わかるかな~?」などと子どもに問いかけると、ゲーム感覚でお片付けをしてくれるはずです。

「うちは、おもちゃの種類が多すぎて一つ一つ収納を分けてなんかいられない」と思う方もいるでしょう。

そのような場合はおもちゃが増えすぎているので、思い切っておもちゃの断捨離をするという手もあります。

子どもがいつも遊ぶおもちゃはだいたい決まっているはず。それ以外のおもちゃは処分を検討するか、押し入れの中などの空いているスペースにしまうようにすれば、子ども部屋はスッキリします。

子どもでも簡単に片づけられる収納にする

スッキリした子ども部屋を維持するには、子どもにもお片づけ習慣を身に着けさせることがポイント。

そのため、収納は入れるだけなど1アクションで済むものを選び、子どもが自分で出し入れできる高さに置くようにしましょう。

特におすすめなのは、こんなおもちゃ収納。

棚のサイズにピッタリ合う収納ケースを選ぶと、収納ケースの中がごちゃついていても見えにくく、スッキリとした印象を与えることができます。

収納ケースもすべて同じもので統一しているので、なおさらスッキリ。

収納ケースの色はモノトーンを選ぶと良いでしょう。カラフルになりがちな子ども部屋の中で収納ケースまで色がついていると、ごちゃごちゃとして見えてしまいがちですからね。

収納ケースの前面には「ブロック」、「おままごとセット」、「乗り物系」など、おもちゃをカテゴリー分けしてラベリングするとベストです。

おもちゃを収納できるプレイマットがあると便利

急な来客時や遊びを中断して急いで出かけたい時など、お片付けを短時間で済ませたい時もありますよね?

そんな時にはおもちゃを収納できるプレイマットがあると便利です。

プレイマットごとおもちゃを片付けることができるので、あっという間にお部屋がスッキリします。

忙しい時はとりあえずこれにおもちゃを収納して、時間がある時におもちゃを本来の場所に戻してあげると良いでしょう。

収納が困難な大型おもちゃは出しっぱなしでも絵になるものを選ぶ

小さなおもちゃは収納ケースに入れてしまえばスッキリするのですが、問題は収納ケースに入らない大型のおもちゃ。

これはもう出しっぱなしにするしかないので、初めからおしゃれなデザインのおもちゃを選ぶようにするのが良いでしょう。

出しっぱなしでも絵になる(むしろ見せたくなる!)おもちゃは探せばたくさん見つかります。いくつかおすすめをご紹介しますね。

絵本をスッキリ収納する方法

絵本の収納は

子どもに絵本好きになってほしいなら、絵本の表紙を見せる収納がおすすめです。

子どもは絵本の表紙を見ながら読みたい本を選ぶので、表紙が見える収納にすることで自然と絵本を手に取りやすくなります。

お片付けの際も自分の好きな本を飾る感覚で片づけられるので、お片付けが楽しくなるはずです。

こちらの本棚は子どもが成長しても使えるようにシンプルなデザインになっています。

長く使うことができるので、おすすめです。

子どもがすでに絵本好きで大量の絵本があって困っている方にはこちらのような大容量の絵本棚が良いでしょう。

この絵本棚は省スペースなのに、なんとA4サイズの本を約120冊も収納可能。

回転するので、目当ての絵本を探しやすくなっています。

本屋さんや図書館にあるような棚で、本好きにとってはワクワクするデザインですね。

絵本が本棚からあふれ出して困っている方におすすめです。

かさばるぬいぐるみ収納は袋がおすすめ

どんどん増えてしまいがちなぬいぐるみ。収納ケースに入りきらないようなら、おしゃれな袋にまとめて収納してしまいましょう。

この収納袋は、ぬいぐるみのおうちみたいでかわいいですよ。

「ぬいぐるみをおうちに戻してあげよう」と声をかけると、子どもも喜んで片づけてくれるかも…。

おもちゃが増えすぎないようにすることも大切!

収納に入りきらないほどおもちゃを持つと、どうしても部屋は散らかりがちになります。

時にはおもちゃが増えすぎないように断捨離をすることも必要かと思います。

3ヶ月~半年に1度くらいのペースで、定期的におもちゃを見直して、全然遊ばなくなったおもちゃにはお別れしてみてはいかがでしょうか。

子どもがおもちゃとのお別れを嫌がって全然断捨離できない場合は、遊ばなくなったおもちゃを押し入れなどの中に隠しておいて、半年そのおもちゃのことを思い出さなかったら処分するという方法もあります。

レンタルならおもちゃが増えすぎず、スッキリ部屋を維持できる

おもちゃの定期的な見直しと処分は結構大変ですよね。

でも放置していると、際限なく玩具は増えて部屋を圧迫してしまいます。

おもちゃのサブスクを活用すれば、増え続けるおもちゃ問題から解放されます。

「知育玩具のサブスクリプションCha Cha Cha 」では2か月に1回おもちゃが届きます。

新しいおもちゃが届いた時に前に借りていたおもちゃは返却するので、おもちゃが際限なく増えていくことはありません。

そして、知育の専門スタッフが子どもの成長に合わせたおもちゃをプランニングして送ってくれるので、常に子どもが楽しめて、成長に繋がるおもちゃで遊べるのが嬉しいところ。

カタログから好きなおもちゃをリクエストすることもできるんですよ。

2ヶ月に1回15,000円以上の玩具が自宅に送られてくる!知育玩具のレンタルCha Cha Cha

初月はとてもお得に始めることができるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

子どもに片づけてもらうには?

スッキリと片付いた子ども部屋を維持するには、子どもに進んで片づけてもらえるようになるのが近道。

小さな子どもは素直なので、ちょっとした工夫でお片付けをしてくれるようになりますよ。

おすすめは以下のようなやり方です。

お片付け競争をする

競争することが楽しくなる3歳くらいの子におすすめなのが、お片付け競争。

「〇〇ちゃん、ここ片づけて。ママはこっちを片付けるからね。どっちが早くお片付けできるか競争だよ。よーいドン!」

こんな風に声をかけて競争すると必死で片づけてくれます。

制限時間を設けてゲーム感覚でお片付け

5分などの制限時間を設けて、時間内にお片付けできるかどうかゲーム感覚で取り組むのもおすすめです。

砂時計や時っ感タイマーなどの残り時間が目に見えてわかるものを目の前に置くと、子どもにも時間の経過がわかりやすくて良いでしょう。

楽しくお片付けする動画や絵本を見せる

かわいいキャラクターが楽しみながらお片付けをする動画や絵本を見せて「お片付けは楽しいんだ」と刷り込ませると前向きにお片付けに取り組んでくれるようになるかもしれません。

おすすめのお片付け動画と絵本はこちら。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

このブログでは一児の母である私が、

・おすすめの知育玩具や育児グッズ
・知って良かった育児情報
・共働きで育児を頑張る人におすすめのサービス

などについてご紹介していきます!

皆さんに役立つ情報を常に探して紹介していきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

コメント

コメントする

目次